ウェブマイノリティ宣言 -多数派にsa.yona.la- | g9e8mk | sa.yona.la help | tags | register | sign in

ウェブマイノリティ宣言 -多数派にsa.yona.la-

reply

もう完全に自分の考えていた事そのままのサービスなので早速使ってみた。



■小中高と自分は少数派だった。

だから多数派の価値観がよく理解できなかったし、

多数派の文化や流行に距離を置いていたし、

多数派に嫌悪感や優越感や劣等感を抱いていたし、趣味も偏っていた。


そしてだからこそネットを始めた。

始めた頃のネットは少数派の世界に見えた。

多数派の価値観に支配されないその世界はとても自由に見えた。


多数派の価値基準で、自分を評価されない、

自分の価値を、そして自分という在り方を自分の基準で決められる、

そういう精神的に自由な世界だった。



■だから今のウェブが好きになれない。

そもそももはや誰もがウェブを使うようになっている。

ウェブは多数派の所有物になってしまっている。

その上もう一つ好きになれない理由がある。

Web2.0 SNS YouTube ニコニコ動画 ソーシャルブックマーク

自己表現 自己満足 自己実現

なんでもいい、そういう今のウェブの風潮、流行が好きになれない。

なぜならそれら全てが、

他人と交流し、他人に評価され、他人に向けて表現を行う

そんな事をドグマとして要求されるからだ。

そしてそんなドグマが、オンリーワンを目指す多数派への呼び水にもなってしまった。


■現実世界に「存在する」為にははただそこに居ればよかった。

別に自分の内面を表現する必要なんてなかった。

自分を表現し、自分を見つめるのは、自分だけでよかった。


「ウェブを行う」「ウェブに存在する」とは、双方向性がWeb2.0と言われる中でイデオロギーのように重視されてしまえば、もはやただの「見るだけ」では存在する事にはして貰えない。

言葉でも絵でも動画でも声でも、何にしても表現しなければいけないし、

他人からそれを評価されてしまうし、

他人と交流しなければならない。


つまり今、ウェブに「存在する」には、否応無く表現し評価され交流しなければならない。

つまり、多数派の価値観に合うように表現し、多数派の価値観で評価され、多数派の価値観に従って多数派と交流しなければならない。


■つまり自分という存在価値が、多数派によって100%決められてしまっている。

■つまり自分という存在の、「存在方法」が多数派のメソッドでしか許されていない。

■つまり「自分」が、多数派になってしまう。


■存在する為には表現しなければならない

■表現をすると評価されてしまう





■だから自分はWeb Minorityになる事にした。



自分は自分が存在する為だけにこの文章を書く。

自分は自分の基準でだけこの文章を評価する。

自分は自分のしたい方法でしたい人間としか交流しない。

そして自分は、自分を無条件で自己肯定する。


多数派にsa.yona.la


g9e8mkという存在は、WebMinorityという一個の閉鎖した世界である。

posted by g9e8mk | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.